School Evaluation


平成30年度 学校評価シート

学校関係者評価結果
大項目 1学期中間評価 最終評価
学校運営協議からの意見等 学校運営協議からの意見等
確かな
学力の育成
○県・全国学力調査の分析、生徒による教師授業アンケート、専門研修や授業研修会への参加などにより生徒の学力向上への積極的な取り組みがなされている。今後も教師、生徒との信頼関係を構築し更なる学力向上を目指してほしい。
○電子黒板やタブレットの活用が進んでいる。有効かつ効率の良い授業づくりのため、ユニバーサルデザインに基づいた授業づくりに期待したい。
●家庭学習の習慣化に努めているが、アンケート結果からは成果が出ていない。今後は『家庭学習の手引き』を作成し、家庭学習の定着を図ってほしい。
豊かな
心の育成
○いじめの事案はあるものの実態把握と早期対応により、いじめが継続せず解決している。今後もアンケートや面談を実施し、生徒一人一人の実態把握をしていただきたい。
○道徳の授業、人権学習、いのちの集いなど確実に実施していることが、豊かな心の育成に大きく係わっていると思う。
○不登校生徒の実態把握を徹底し、迅速に慎重に対応されている。今後も学校・家庭の関係を密にし継続して対応していただきたい。
健やかな
体の育成
○運動習慣などのアンケートを実施して、実態把握ができている。今後は、体力づくりを推進し、体力向上に努めて頂きたい。
○学校給食でアレルギー生徒の実態把握と対策はとられているが、ランチルームの衛生管理は十分ではない。安心・安全な給食が実施できるよう教師間の周知徹底や生徒に指導をしてもらいたい。
○危険箇所の把握や交通指導は実施している。2学期に地震対策避難訓練を予定とのことで、今後の対応に期待したい。
特別支援
教育の推進
◎月1回の特別支援委員会の確実な実施に伴い、生徒の把握ができている。また、保護者会や個別の相談も着実に実施しているため、生徒の実態、保護者のニーズを踏まえた教育課程が円滑に遂行できている。今後も継続していただきたい。
信頼される
学校づくり
○地域ボランティア参加の促しにより昨年度より参加者多数であるが、参加人数だけの把握ではなく、沢山の生徒が積極的に参加できるように計画していただきたい。
◎9年間の義務教育の充実を図るため、小中連携や情報交換、合同研修会、中学校体験、リトルティチャーなど確実に行い、教育の推進を行っている。
学校管理
運営の充実
○職員の超過勤務縮減のため対策を行っているが、今後も継続し教職員の負担軽減に努めて頂きたい。
●学校、PTA、学校運営協議会の連携を充実させ、円滑な学校運営が遂行されるよう学校を中心としたPTA組織の活用や、学校運営協議会からの地域の発信など行っていただきたい。


平成30年度 全国学力・学習状況調査  福岡県学力実態調査

■全国学力・学習調査(国語・数学・理科) 対象学年3年
■福岡県学力実態調査(国語・数学) 対象学年1年・2年
テスト 学年 教科名 結果
全国学力・学習状況調査 3学年 国語 国語A やや課題
国語B やや課題
数学 数学A やや満足
数学B やや満足
理科 やや満足
福岡県学力調査 2学年 国語 基礎 かなり満足
活用 かなり課題
数学 基礎 かなり課題
活用 かなり課題
1学年 国語 基礎 かなり課題
活用 かなり課題
数学 基礎 かなり満足
活用 かなり満足
 

【 結 果 】

 かなり満足 ・・・・ 1 ≦ 全国平均
 やや満足  ・・・・ 0 ≦ 全国平均 < 1
 やや課題  ・・・・ -1 ≦ 全国平均 < 0
 かなり課題 ・・・・ 全国平均 < -1
 *福岡県学力調査は、県平均との比較



This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content