Club Activities

夜須中学校部活動の運営方針


1 指導の目的

(1)学校教育の一環として、学年をこえて興味・関心を共有する生徒の特技をいかして健康な心身を育て、望ましい社会性を養う。
(2)仲間とともに粘り強く活動し、共通の喜びを求め、新たな活動への意欲を高めさせる。また、個性を尊重するとともに、人間性豊かな生徒の育成を目指す。
(3)活動を通して、生徒同士や指導者との信頼関係を築き、充実した豊かな学校生活を目指す。
(4)生徒の自発的、自治的な活動から正しい判断力や行動力を培い、よりよい校風づくりに努める。

2 指導方針及び申し合わせ事項

(1)学校教育の一環として、全教職員で指導にあたり、入部を希望する生徒はいずれかの部に所属して活動する。
(2)練習については、下記の通りとする。
1 原則として、顧問の指導のもとで活動する。
2 朝の部活動は7:00以降とする。(登校は、6時50分とする。)
3 定期テスト前の練習は、原則として3日前から中止とする。
4 ノー部活デーと休日の練習について
・原則、毎週水曜日は「ノー部活動デー」とし、部活動休養日とする。
・土日は、いずれか1日は部活動休養日とする。(ただし、中体連大会やコンクール等の前一ヶ月は特例を認める。その他の場合は、部活動担当で協議し全体で確認する。)
・生徒は学校指定の体操服もしくは、部活で認めた服装で登下校する。
・原則、指導には顧問がつく。
・不必要な物は一切持ってこない。(お金等)
(3)公式試合、部活動指導(休日)、校外指導などについて
・土日、祝日及び校外で、部活動を行う場合は、「許可願」に必要事項を記入して提出し、学校長の許可を得る。
・福岡県外の大会等の出場の場合は、町教育委員会の承認を得る。
(4)部室の使用について
・部室の使用は部活の時間のみ使用を許可する。授業中・休み時間は、絶対に使用しないこととする。部室の中には、部活で使用するもの以外置かない。
・必ず整理整頓をすること。
※上記のことが守れないときは、使用禁止とする場合がある。
(5)下校指導及び下校時間について
・終了時間が申し合わせ時間より遅れる場合は、顧問が責任をもって下校指導を行う。ただし、あまり遅れないようにする。
・下校指導は部活動キャプテンが定期的に行う。

《放課後の練習時間と下校時間》

期 間 下校完了 期 間 下校完了
4月 6:15 11月 5:20
5月 6:30 12月 5:10
6~7月 6:45 1月 5:20
9月 6:00 2月 5:40
10月 5:40 3月 6:00

3 その他

(1)必要に応じてキャプテン会を開催する。(夏季大会、新人大会前は必ず行う。)
(2)キャプテン会議について
1 各部が、同一の方向性で活動を進めることができるように、部内での問題点、良い点などの交流を深める。
2 共通な課題については、全部活動の課題として解決を目指す。
3 キャプテン会での決定事項については、それぞれの部員に徹底させる。
4 問題が起きたときには、部活動担当者が中心となり全教職員で対応する。
(3)部活動外部指導者については校長が承認する。
1 外部指導者との連携協議会を設ける

4 部活動数見直し基準

1 運動部
新人大会及び次年度の夏季大会において、2大会連続で団体戦に出場できない場合、次年度からの募集は行わない。
運動部の団体戦正式メンバーの見直し人数は次の通りである。
野球 9人 陸上 4人 卓球 4人
ソフトテニス 4人 バレー 6人 柔道 3人
水泳 4人 バスケット 5人 剣道 3人

2 文化部
部活動発足会段階(1年生が入部後)で部員3名以下の場合、次年度からの募集は行わない。
※この基準は平成28年度から実施。

5 部活動新設の条件と手続き

部活動を新設するためには、下記の(1)条件整備を満たし、(2)の手続きを完了することとする。
(1) 条件整備(3つの課題の解決)
1 人的課題
 a 生徒(部活動を実施できる人数の確保)
 ア;設置する部活動を入部する希望者が最低5人以上。
 イ;運動部は、チーム種目で中体連に出場できる人数が確保されること。
  中学生としてふさわしい行動(社会的ルール・マナー、本校の校則)がとれる集団であること。
 b 教師(部活動指導者の確保)
 ア;設置する部活動を指導する意思がある教師の確保。
 イ;学校全体の部活動数が、顧問可能な一定の割合(1.75)を超えること。

   顧問可能な割合=学校全体の顧問可能な人数/ 部活動数

2 空間的課題
 a 練習場所の確保
 ・競技内容に適した広さの確保
 ・安全な練習環境の整備(フェンス等)
3 経済的課題
 a 練習環境を整える費用
 b ユニフォーム等の費用
(2) 次の手続きを完了すること。
職員会議の提案をPTA役員会の意見を参考にし、校長が設置可能だと判断した場合のみ、学校運営協議会で熟議し承認を得る。

6 本校の実態

運動部 野球(男),陸上,バレー(男),バレー(女),ソフトテニス(男),ソフトテニス(女),バスケット(男),水泳,バスケット(女),卓球(男),卓球(女),剣道(男女),柔道(男女) 小計 13 合計 16
文化部 吹奏楽部,音楽部,書道部 小計 3
※全校生徒449名、教員数25名、部活数16のため、顧問可能な割合1.56 (平成29年度)

クラブ活動


  部活動運営方針


  中文連



  中体連



男子ソフトテニス

女子ソフトテニス

野球

ソフトボール

男子バレーボール

女子バレーボール

男子バスケットボール

女子バスケットボール

男子柔道

女子柔道

剣道

男子卓球

女子卓球

陸上

水泳

吹奏楽

音楽

書道

This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content